お酒はADHDの特効薬!?アルコールで脳が覚醒するしくみ



ネットで、ADHDの薬は何が一番いいか?といった話題になったとき、
意外にも「お酒が効く」という意見をよく目にします。

…これ、実は私も前々から思っていました。
昔、私が何も薬を飲んでいなかった頃は 人と話す時も頭が回らず、周りに気が利かず、すぐ持ち物を落としたりと酷い有様でしたが
なぜか 飲み会で酔っぱらっているときだけは、面白い言葉がポンポン出てきて、周りの事が良く見えて、人気者になれたのです。

そこで、「ADHDにはお酒が効く」というのはやはり本当のことではないかと思い調べてみたところ、このような記事が見つかりました。
ADHDの脳は覚醒したがっている

 

ADHDのシラフ < 定型発達の酩酊状態 ≦ ADHDの酩酊状態 < 定型発達のシラフ

↑これは当たってると思います。
ADHDの人が酔うと、なぜか普通の人とは逆に、脳機能が向上するんですね。
それでも普通の人の頭の良さに勝てないという悲しさ。。

 

定型発達はシラフの状態で頭が充分に働いている。だからお酒が入ると、そこから活性が下がる。
一方、ADHDはシラフの状態で脳が不活性だ。だから酒が入るとドーパミン駆動の回路がブーストされて、シラフの時よりも能力が上がる。

↑つまり、なぜお酒がADHDの症状を抑えてくれるのか?については2つの理由が考えらます。

 

①ドーパミンが分泌される


お酒を飲むと、ドーパミンというホルモンがたくさん分泌されて気持ちが良くなります。

ADHDの方は脳のドーパミンが不足しているため、常にやる気が出ず、ボーッとして考えに集中できない状態になっています。
ですがお酒を飲んだ時には一時的にドーパミンが増えるので、脳が覚醒状態になるんですね。

ちなみに普通の人の場合はもともとドーパミンの量が足りているため、それ以上増えても頭が良くなることはなく、気持ちよくなるだけです。

ただし、最も有名なADHD治療薬のコンサータも脳のドーパミンを増やす効果があるので、お酒と併用すると過剰分泌になる危険があります。コンサータを飲んでいる方は充分に注意してください。

 

②脳の血流が良くなる


二つ目の理由は、脳の血流が良くなることです。

お酒を飲むと、体中の血行が良くなります。もちろん脳の血流も増加します。
ADHDの方は 前頭葉の一部の血流が悪いことが多いのですが、
アルコールによって脳の血流が良くなることで、本来のパフォーマンスを発揮できるのです。

ちなみに有名なADHD治療薬のストラテラには、前頭葉の血流量を増加させて脳を覚醒させるという、お酒と全く同じ作用もたらします。

 

アルコール依存症には注意!

ADHDはアル中になる人の割合が高いとされています。
その理由は、ドーパミンが不足しているので、脳が強い刺激(アルコールによるドーパミンの分泌)を求め続けるために依存症になってしまうとのことです。

しかし、ADHDの方がアルコールを求める理由はこれだけでは無さそうです。
アルコールが一時的にADHDの症状を抑えてくれるとわかっているから、しかたなく飲み続ける人もいるのではないでしょうか。

ADHDの交流サイトではブランデーを小型のスキットルに入れて、職場に持ち込み飲んでいるという人もいました。
そうするとミスがなくなり、仕事が捗るそうです。

ですがアルコールばかりに頼っていては、いつか体を壊してしまいます。
その他にもいろいろな方法を試してみたり(参考→ADHDの人がドーパミンを出して覚醒する8つの方法)、
または面倒でも心療内科に受診に行って、治療薬を処方してもらうことをおすすめします。





サイトマップ(全記事一覧)

Sponsored Link



ページトップ