発達障害とワーキングメモリー


見た目ではわかりませんが、

ワーキングメモリ機能に障害を

抱える方は意外にたくさんいらっしゃいます。

 

特に、ADHDや自閉症の方はほとんどの場合

ワーキングメモリがうまく機能してません。

 

 

 

ワーキングメモリを改善したい方は

ワーキングメモリのトレーニングをおすすめします。

ワーキングメモリーを鍛えるトレーニング

 

今回は、

ADHD・自閉症それぞれのワーキングメモリ改善法を

ご紹介します。

 

 

ADHDとワーキングメモリ

 

ADHDの方は

ワーキングメモリの容量自体は普通でも

注意欠陥により、情報の整理や引き出しが上手くできずに

結果的にワーキングメモリ機能を使いこなすことができないと考えられています。

 

例えば、N-backのようなワーキングメモリを使うゲームでは成績が良くても、

 

実生活の中では様々な感情に邪魔されたり

他の情報(視覚や周りの会話、頭の中で鳴る音楽や考え事)に惑わされ、情報の取捨選択ができずに

ワーキングメモリ(短期記憶)が上手く発揮できずミスしてしまうといったことが考えられます。

 

この場合にはまずワーキングメモリトレーニングよりも注意力の改善が優先課題になります。

 

注意力改善についてはチロシンの服用などが有効です

詳しくはこちらの記事を参照してください。

ADD・ADHDの不注意を改善するには

ADHDによる不注意を改善する薬

 

 

 

自閉症とワーキングメモリ

 

自閉症の方がワーキングメモリ機能が低いとされているのは

情報変換が苦手であるためと考えられています。

 

例えば文字を読んで覚えておく際、

音読したり意味を理解したりではなく

文字を視覚情報としてそのまま覚えておくなど

 

数字は、

数値の意味づけやゴロ合わせなどせず 数字のまま

音は音のまま

まるっと受け止めてしまうようです

 

こうなると

関連付けが弱く効率の悪い覚え方になってしまいます。

 

これに関してははっきりとした改善法はわかっていません。

 

実生活の中で支障のないよう

ワーキングメモリを機能させるには

 

ミスをするごとに周囲の方と話し合って

どういった考えで行動したのか

うまくできる人との違いはどこだったのか

一つ一つ原因を確かめていくことが重要です

 

 

関連記事:発達障害児にワーキングメモリートレーニングは有効か?

 



 


サイトマップ(全記事一覧)

Sponsored Link



ページトップ