紫外線対策、ちゃんとできてますか?


紫外線はお肌の老化の最も大きな原因です。
紫外線を防いで若さを保つには
どんなことに気を付ければいいでしょうか?

 

【紫外線について】

 

まずは少しだけ、紫外線について知っておく必要があります

・・・

地表に届く紫外線は波長によってUVA波とUVB波に分けられ、
肌に与えるダメージが異なります。

 

UVA

表皮の奥にある真皮層まで到達し、
コラーゲンやエラスチンといったタンパク質や繊維を破壊します。
これが破壊されると肌のハリが保たれなくなり、
シワたるみが起こる原因となってしまいます。

また、メラニン色素を酸化させ
シミ日やけ(サンタン)を引き起こします。

 

UVB

肌の表皮層で吸収され、
肌のやけど(サンバーン)の原因になります。

 

このことから、
老化を防止するにはUVA対策が重要だとわかります。

 

UVAは曇りの日でも地表に届き
カーテンや服も抜けてくるので
野外で活動する日以外でも、普段からの対策が必要です。

6月~8月は最も紫外線が強いので、
日傘と手袋が必須です。
ちなみに
日傘のUVカット加工には期限があるので
1、2年おきに買い替えることをお勧めします。

 

 

【日焼け止めについて】

 

日焼け止めにはSPFとPAの2つの表示があります。
老化対策にはPAの表示に注目してください。

 

SPF
…UVBを防ぐ指標。

PA
…UVAを防ぐ指標で、肌の老化防止にはこの数値が大事です。
+~++++の四段階に分かれます。

 

数値が高いものは肌への負担が強いので、
++++は海や夏場の長時間外出、
普段は+~++くらいの軽めの物を使いましょう。

 

UVAは冬でも真夏の40%ほど降り注ぐので
日焼け止めは冬でも毎日使う事をおすすめします。

 

シワが出やすい目元口元を念入りに塗って、
日焼けしやすい手の甲なども忘れずに塗ってください。

 

 

【冬でも対策が必要】

 

UVBの放射量は1日、1年を通じて変化が大きく、
ピーク時(5~8月の午前10時~午後3時)だけ集中して
対策をすればサンバーン(やけど)を防げます。

 

しかし、
老化の原因となるUVAの場合は、真冬でも放射量はそこそこ多く
また朝方から夕方まで放射されるので、毎日の予防が必要です

 

 

【体の内側から守る】

 

UVAは肌に吸収されると活性酸素を作り、
これが細胞を酸化してシワやたるみの原因になります。

 

ビタミンCなどの抗酸化物質細胞を保護してくれるので
毎日摂取することを心がければ
紫外線による老化をある程度防ぐことができます。

 

最近では 飲む日焼け止めなども売られていますが

 

どれも値段が高めです。

 

日常的に飲むことを考えると
アスタキサンチンアルファリポ酸など

 

強力な抗酸化作用のある成分の入ったサプリが
一番コスパが良いです

 

 



 


サイトマップ(全記事一覧)

Sponsored Link



ページトップ