わきが・口臭等をなくす (ニオイ対策 強化編)


 

今回は、 ニオイ対策 の続きです。

 

 

体臭・服のニオイ

 

・汗をかきやすい食事

食事をとった直後は代謝が良くなり、体温が上がります。
どうしても汗をかきたくない ここ一番のときには、
少し空腹のほうがいいかもしれません。

特に脂質動物性タンパク質には、
消化時に体を温める作用があります。

アイスクリームを食べたり、首筋を冷やすと
素早く体温を下げられますよ。

 

・その他

清潔にしていても体臭で悩んでいる方は
まず食事を変えてみましょう。
特に砂糖の摂り過ぎは要注意です。

他にはボディーソープを変えてみたり、
消臭効果のある下着や、洗浄力の高い洗剤を使ってみてください。

 

私が使っているおすすめのボディーソープと洗剤を紹介します。

カウブランド 牛乳石鹸 赤箱

31y3Z4ecHBL__SL500_AA300_
肌に悪いものを一切含まない、体にやさしい石鹸です。
赤箱は保湿成分入りで青箱より少し高いです

 

トップ HYGIA(ハイジア)

51kBl13cTNL__SL500_AA300_
洗うたびに服の抗菌力を高めてくれる洗剤です。
漂白剤が入っていないのでジーンズや柄物にも使えます。

 

 

わきの臭い

 

Ag+、ソフトストーン、クリスタルストーン等でも
効果がない場合、ワキガ手術という手もありますが
その前にこちらを試してみてください。

 

・オドレミン

汗腺を塞いで汗を抑える薬品です。
わきがの最終兵器と名高い成分で、これを含んだ製品には
日邦薬品工業 オドレミンオドジェルミンL130
テノール液などがあります。
21riTI3BNXL 51Qd+6Ofp+L41nQclNvC0L__SL500_AA300_

普通のドラッグストアには売っていないので、
ネットで探してみてください。

 

・わき毛を処理する

わき毛は湿気と臭いをこもらせるので、
短くカットしておきましょう。
メンズ ムダ毛処理

 

・食事に気を付ける

肉や油の多い食生活を続けると、脇の汗腺から皮脂が分泌されて
ワキガの原因になります。
また唐辛子のような刺激物も皮脂の分泌を促します。

脇の臭いが気になる方は、食事は肉、卵、乳製品よりも
魚介類大豆製品などを摂るようにしてください。

 

・香りでごまかさない

制汗剤の香料や香水とわきがの臭いが混ざると
さらに嫌な臭いになることがあるので、
ワキガがかなり気になる場合は
ワキには無香料か石鹸の香りの制汗スプレーを使いましょう。

 

 

口臭予防

 

・舌苔を取る

舌の表面の白いやつは
細菌や食べカス、粘膜のカスのかたまりです。
溜まりすぎると口臭の原因になります。

舌を口の中の天井に押し当ててごしごしするか、
舌ブラシを使って取ってください。
毎日やる必要はありません。取り過ぎに注意してください。

 

・口内の乾燥を防ぐ

唾液が少なくなって口が乾燥すると口臭が発生します。

起床時と空腹時は唾液が少なくなるので
ガムを噛んだり水を飲んだりして乾燥を防いでください。
口呼吸も乾燥の原因です。

 

・歯周病対策

歯磨きの時、歯茎もやさしくブラッシングして血行を良くします。

 

・食べ物

ニンニクやアルコールの臭いには、
ブレスケア食べる前の牛乳が効果的です。

ただし口だけでなく体中から臭いを発しているので、
水をたくさん飲んで早く体から排出させましょう。

 

 

水虫の治療

 

水虫になるとリンパ液により細菌が活性化し、臭いを出します。

 

水虫にかかっている方は何らかの治療をされていると思いますが、
せっかく直しても家族間でループしないように
畳や絨毯、お風呂場のマットなどに気を付けてください。

自分の落とした白癬菌も半年以上生き続ける場合があるので、
マットや絨毯を掃除して乾かします。

白癬菌は意外としぶといので 症状が治まってからも
一ヶ月は薬を塗りつづけてください。

 

 

その他  気を付けたい点

 

・へそ

 

へそは何気に臭います。
普段は気にしなくても構いませんが、Hの前にはよく洗って
へそのゴマも取っておくと安心です。

 

・耳の後ろ

耳の後ろから首にかけては、
皮脂の分泌量が多いため臭いがしやすい場所です。
20代ではワキガが強いですが
35歳からはここが一番強烈なニオイを発します

洗い忘れないように注意して、スプレーもしましょう。

 

・腸をきれいにする

便やおならのにおいで幻滅されないように、
腸内環境を整えておきましょう。

便秘対策には水分と食物繊維をしっかり摂ります。

善玉菌を増やすには、
乳酸菌とそのエサになるオリゴ糖を一緒に摂ります。
悪玉菌を増やさないためには、
悪玉菌のエサになる砂糖を食べ過ぎないようにします。

野菜やヨーグルトは毎日食べたいですが、面倒なら
食物繊維、乳酸菌、オリゴ糖などのサプリメントがおすすめです。

 

 

モテるために メンズボディケアの極意

 

 



 


サイトマップ(全記事一覧)

Sponsored Link



ページトップ