背の低い男性はモテないのか?


世の中では「チビはモテない」というのは
定説となっていますが、
はたして本当なのでしょうか?

 

実際に、周りの背の低い男性達と
それ以外の男性達を較べて見ると
決してモテ度に違いはない、と判るはずです。

僕自身、身長160ちょいしかないドチビですが
僕を好きになってくれる女性はたくさんいますし
単に背が低いせいでフラれたり
背が低いせいで男性として興味を持ってもらえなかったことは
おそらく一度も無いです。

 

もちろん背が低いよりは高いほうが
ルックス的に有利でしょう。

しかし、
周りの男性を見てみると
決して恵まれている人ばかりではありません。

太っていたり、ハゲていたり、ブサメンだったり、
アトピーだったり、天パに悩まされていたり、、、
こんな風に、全くルックスに恵まれていない男性でも
可愛い彼女がいる人はいくらでもいますし
結婚もしています。

 

女性は、総合点であなたを見ます。

 

ルックス、清潔感、経済力、包容力、
会話力、誠実さなど全てが武器になります
その中でただ背が低いことなんか
不利でも何でもありません。

あなたが今モテていないとしたら
背の低いことが原因ではありません。

話術を磨いたり、ダイエットをしたり・・・
自分のダメなところを治しつつ
自分の武器を磨いていけばいいんです。

 

「チビはモテない」と言われる原因は?

 

背の低い男性がモテない理由があるとすれば、
それは背が低い、という事実そのものではなく

コンプレックスによって
周りに攻撃的になっていたり
逆に女性に対して消極的になってしまっていたり
卑屈になっていたり
といった内面的なことが原因になっているんです。

あるいはバレバレのシークレットブーツを履いたり
自分より背の高い女性をひたすら避けたり
彼女にヒールを履かせないなどの
みみっちさが女性にばれている可能性もあります。

 

チビだっていうコンプレックスは僕にもありますし、
仕方ないことなのかもしれませんが
それをうまくコントロールして
女性の前では微塵も感じさせないことが大切です。

コツは女性を意識しすぎないこと!
相手を 自分のおかんや妹だと思って接したり
異性としてではなく人間的に好かれよう、仲良くなろうという
心構えで接すれば、自然に正しい動きができるはずです。

 

 

背が高い人が好きな女性に対しては?

 

女性の
「私、背が高い人がタイプ」とか
「175以上じゃないと無理。」
なんて言葉を一切信用してはいけません。

これは良く考えず、気分で言ってるだけです。
僕はこんな女性を何人も落としてきました。

ただ、注意すべきなのは
実際に、
過去に背が高い男性とばかり付き合ってきた女性です。

元彼の話を聞いて
背が高くてキュンときて告白したとか、
大柄な人ばっかりだったとかの場合
リアルに背の高い男性がどストライクの女性かもしれません。

 

本来ならこういった女性はさっさと切って
別の女性を狙っていった方が得ですが
どうしても、その女性が欲しいなら・・

すぐにガッと惚れさせることはできなくても、
男友達や良い知り合いポジションから入って
ゆっくりと、自分の内面的な魅力を伝えていけば

勝機は十分あります。

 

また、ルックスというよりも
大柄な男性に包容力や頼りがいを
感じているタイプの女性であれば、
小柄でもあなたなりの包容力や頼りがいを
示していくことが有効です。

 

 

男性の背の高さ=女性の胸の大きさ?

 

「女性にとってのチビ男 = 男性にとっての貧乳女」
これはプラスに考えれば、
なかなか的を射た表現だと思います。

多くの男性は胸の大きい女性を好みますが、
あれば嬉しいけどそれより脚やケツだろ!
と大してウエイトを置いてなかったり
まったく気にしない男性も一定数いますよね。

それと同じように、
自分と背が近いほうが安心感があるとか
背の高い低いは心底どうでもいいと思ってる女性も
必ず一定数いますし
背が高くないと絶対にアウト!
な女性はほとんどいません。

 

また、巨乳好きだとしても
胸がなくても顔がかわいかったり性格が良い女性とは
普通に付き合ってしまうでしょう。

同じように、背が低い男性でも
他に優れている所があれば
多くの女性から求められる存在になります。
・・・
長々と話してしまいましたが、
結局何が言いたいかというと

背が低くてもモテるよ、ってことです。

 

ここまでお付き合いくださり、ありがとうございました。

 

【初心者のためのメンズファッション講座】
モテるファッションとは?

【キモヲタが可愛い彼女をつくった方法】
彼女いない歴=年齢の男性が、モテるには?

 





サイトマップ(全記事一覧)

Sponsored Link



ページトップ