頭の回転を速くする方法


頭の回転を速くする方法として
以下のアプローチが有効です。

・脳内物質の伝達をスムーズにする
・並行処理能力を鍛える
・脳内ネットワークを磨き最適化させる

それでは一つずつ解説していきます

 

脳内物質の伝達をスムーズにする

 

脳に必要な栄養が不足すると、
脳の血流が悪くなったり
神経伝達物質の受容体が減少して
頭の回転が鈍くなります。

脳のパフォーマンスを最大に発揮するため
脳に良い食事やスマートドラッグなどで
コンディションを整えておきましょう。

頭の回転を速くする食べ物5選
サプリメントで頭の回転を速くする
スマートドラッグで脳力アップ

 

 

並行処理能力を鍛える

 

頭の回転が速い人もいれば遅い人もいますが
脳内の電気信号の伝達速度が違うわけではありません。
ではいったいどこが違うのか、というと
並行処理能力の差ではないかと考えられます。

ワーキングメモリを鍛えると
食事をしながら、会話をしながら、など
どんな状況下でも考えを途切れさせず
スムーズに深い思考を続けることができます。

ワーキングメモリーを鍛えるトレーニング

 

 

脳内ネットワークを磨き最適化させる

 

一瞬で何十手も先を読むプロ棋士も
初心者の頃からできていたわけではありません。
ひたすら将棋の訓練を重ねることで
脳のネットワークを磨いてきた成果です。

あなたが会話上手になりたいのなら、
オンでもオフでも時間を取って
毎日会話を練習する。

とっさの理解力が欲しいなら
速聴などを毎日こなす。

速聴トレーニングで頭の回転を速くする

仕事が速くこなせるようになるには
自宅でのイメージトレーニングや
仕事の知識を仕入れる。

こういった大量の経験値がバックボーンとなって
脳の最適化が行われます。

参考:3日坊主を克服するには

 



 


サイトマップ(全記事一覧)

Sponsored Link



ページトップ