早乙女よし男 自己紹介


 

 

 

初めまして!
早乙女 よし男 と申します。

 

 

萌えフィギュアやゲームを処分して
田舎から東京に出てきて早5年、
未だにアニメをだけはやめられません。

かつて引きこもりのコミュ障オタクだった自分が
試行錯誤しながら見た目を整え、
恋愛テクを学び、
ついには可愛い彼女を作った方法の
すべてをこのブログで公開していきます。

 

いつでも女友達を遊びに誘うことができて、
彼女とはデートしたり、家で○○○する…

世間でいう”普通”の男性なら
ごく当たり前のことなのかもしれません。

しかし
子供のころから非モテ道を歩いていた僕にとっては
別世界の事のように感じていました。

 

これから恋愛に一歩踏み出すチャレンジャーが
最短距離で彼女を作るにはどうしたらいいか?

参考になればと思いブログに記事を書きました。

このブログがあなたのお役に立てれば
とても嬉しいです。

 

 

萌え豚 早乙女よし男が彼女をGETするまで

 

陽ノ下光ちゃん

 

僕は子供の頃から、
スポーツが苦手で背も小さく、友達の少ない奴でした。

楽しみといえば、
美少女ゲームと深夜の萌えアニメだけ。
特にハマったのは中学生の時発売された
ときめきメモリアル2」という
ゲームです。

学校から帰ったらすぐにプレステを起動します。
そこに広がっているのは、
女の子とデートしたりスポーツに汗を流したり、
ドキドキワクワクの夢のような学園生活。

もはや僕にとって、ときメモの世界こそが現実でした。

 

やがて大学に進学して一人暮らしを始めた僕は、
周りの人と打ち解けることができず、
次第にアパートに引き籠ってしまいました。

 

学校にも行かず、部屋にこもってエ口ゲーをし続け
3年が経ったある日の夜、
僕はテレビで放映されていた、
ジブリの「耳をすませば」を観ていて、
とても胸が痛くなりました。

 

・・・自分にはこんな青春はなかった。
そしてこれからもきっとないだろう。

女の子と付き合うどころか、
手をつなぐことも一生ないんだな

そう思うと、涙が止まらなくなって
とても最後まで観れませんでした。
近所迷惑になるのもかまわず、
声を上げて泣いてしまいました。

世の中ではこんなにドラマティックで感動的なことが
たくさん起きているかもしれないのに、
自分の人生はどうしてこんなことになったんだろう・・

僕も現実の女の子と恋愛をして、
もしてみたかったのです。
友達とワイワイ遊んだりもしてみたかったんです。

 

今の現状を打破するには、
まずは外に出て人と接しなければいけない、
でも僕はコミュ障かつ極度の恥ずかしがりだったので、
人前に出るのは非常に辛いことでした。

でも、もしも、頑張って
普通に人と話せるようになれれば、
自分に自信が持てるんじゃないか、
人生が変わるんじゃないかと思いました。

 

 

可能性の豚

 

爆発しろ

 

僕はリア充への第一歩として、
見た目を改善することを決意しました。

ダイエットをし、風呂に入り、
ネットで少しずつまともな服を揃えてきました。
大学にも少しずつ出るようにしました。

毎日学校に行く2時間前から準備を始めて
髪型は変じゃないか、服はおかしくないか、
とさんざん悩んだ挙句、
怖くてやっぱり休むこともよくありました。

 

そうしていくうちに
外に出ることにも慣れてきましたが、
困ったことに大学に知り合いがいないので、
人と話すことがまったく無かったのです。

そこで僕はコミュ力を上げるため、
居酒屋でバイトを始めることにしました。

 

普通の人より何倍もトロい僕は
何ヶ月経ってもミスしてばかりでしたが
必死にこなすうちに店長や常連さんに気に入られ、
休日に一緒に飲みに行ったり、
遊びに連れて行ってもらうようになりました。
毎日楽しくって、
これが青春か…と一人で感動してました

 

あるとき常連さんに身の上話とか、
恋愛がしたい、みたいなことを相談しているうち、
大学生の女の子を紹介してもらえることになりました。

 

 

未知との遭遇

 

水族館デート

 

その子は明るくかわいらしい子で、
女性の前で挙動不審になってしまう僕にも
優しく接してくれました。

僕は人生初めてのデートをし、
手を握ったりもしました。
今までの努力がついに報われたと思い、
暗いトンネルから抜け出したような気分でした。

その後、女の子が部屋に泊まりに来て、
ご飯を作ってくれる機会が訪れました。
僕はすっかり舞い上がって、
部屋をそうじしたりゴムをつける練習をしたり(笑)
準備万端でウキウキしながらその日を迎えました。

 

当日彼女はかわいい恰好をして、
僕の部屋にやってきました。
髪をお団子にして、かわいいスカートをはいて、
きっと僕のために頑張って
おしゃれしてきてくれたんだなと思うと
胸のときめきが抑えられませんでした。

夕方まで一緒にゲームをして、ご飯を食べて、
くっつきながら漫画を読んだり
テレビを観たりして過ごしました。

夜になって一緒の布団に入った瞬間、
ふとこれからのことを想像しました。

 

この子は今まで
同級生のかっこいい男とつきあったり、遊んだり、
童貞の自分とは比べ物にならないくらい、
いろんな経験をしているんだろう。

もし実際付き合って、
こんな元引きこもりのどうしようもない自分の
全てを見られたら、
きっと幻滅されて振られてしまう・・・

それが怖くて、
僕はその子に手を出すことはできませんでした。
僕は傷つくのが怖くて何もできないヘタレだったのです。

 

それから何度か食事に行ったりしましたが
なかなか積極的なアプローチができず
彼女もしびれを切らしたのでしょう・・
ついに連絡が取れなくなってしまいました。

 

僕はあの時勇気が出せなかった事を後悔して、
何ヶ月も落ち込みました。
寝ても覚めても頭に浮かぶのはあの子の笑顔と
私にかけてくれた優しい言葉ばかり。。

mixiでその子のアカウントを見つけて日記を読んだり、
一緒に撮った写真を見ながらオ○○ーしたりと
気持ち悪い行為ばかりしていました。
もうネットストーカーというか、
完全な変質者ですね^_^;

 

このままでは自分はダメになってしまう・・・
僕は女性に慣れるため、
もっと自分に自信をつけるために、
上京して池袋のホストクラブに入店しました

どうしてこんな思い切った事を、
と思われるかもしれません。
でも、当時の僕は
童貞コンプレックスで頭がいっぱいだったんです

 

 

藤崎詩織、心のむこうに

 

新人時代

 

店内で新人の役目は飲み役と、
テーブル周りを綺麗にすることでした。

毎日飲んではトイレで吐くの繰り返し。
恐ろしかったのは、
先輩はもう指では吐けないらしく
ストローをのどに突っ込んで吐いていました。
そうしないと嘔吐スポットに届かないそうです(^_^;

時々、先輩にいじってもらったりして、
お客さんの前で喋るチャンスが
やってきますが、しどろもどろになってしまい
お客さんにアピールすることがなかなかできずにいました。

 

僕はモテたかったので、
先輩方からアドバイスを受けながら、
女性受けする容姿になれるよう
必死に勉強しました

それと同時に、ネットで恋愛商材
(女の子の口説き方を解説した本)を買っては

お客さんの前で実践することを繰り返しました。

 

そうしているうちに、
状況がだんだん変わってくのを実感できました。
お店でもプライベートでも
肩の力を抜いて自然に女性と話せるし、
なんだか女性の方から
積極的に仲良くなろうとしてくれるのです。

 

上京して半年後、
僕は休日に立ち寄った服屋の店員さんに
思わず声をかけてしまいました。

どことなくあの時の女の子と
雰囲気が似ていたからです…

メアドを教えて、何度か飲みに行って、ホテルに行って
・・ついに人生初の彼女ができました!

 

 

今僕はかわいい彼女も女友達もいて、
童貞を捨てることもできました。
でもまだ知らない女の子と会ったり
恋愛の勉強は続けています。

たくさん遊んで
失われた青春を取り戻したいのです。

 

あなたも僕と同じように、
モテたい気持ちでいっぱいなら、
ぜひ、ときどきこのブログを覗いてみてください。
一緒に恋愛テクを磨いていって、
夢を叶えましょう!

 

長い話に付き合っていただいて
本当にありがとうございました(^_^)

可愛い彼女をつくる方法はこちらです
彼女いない歴=年齢の男性が、モテる方法

 



 


サイトマップ(全記事一覧)

Sponsored Link



ページトップ