女性と話すのが苦手な方へ 会話上達法


女性と話すのが苦手な方へ・・・

 

あなたが、女性との会話がニガテ、と思うのは
嫌われたくないと怖がりすぎているか
相手の気を引こうとして自分でハードルを上げているか
どちらかだと思います。

私も、以前は女性の前では意識しすぎて
話すのが怖くてたまりませんでした。

会話の本を買いあさっては
笑わせなきゃ、褒めなきゃ、かっこよく思われなきゃと
会話を難しく考えすぎていました。

でも、女性に好かれるためには
テクニックは邪魔なだけだったんです。

ここでは、簡単に女性と仲良くなれる会話のコツをお話しします。
ぜひ参考にしてみてください!

 

目次

何を話せばいいの?
楽しませたいという気持ち
気持ちを出していく
練習してみよう!

 

 

何を話せばいいの?

 

話すことは
天気の話でもいいし、明日の予定でもいいし、
職場の人なら軽い仕事の話でもいいので。
ニコニコして愛想よく話せればそれでいいんです。

女性を落とす会話のテクニックとか、
そういうのに振り回されていると
女性と話すのがどんどん怖く、難しくなってしまいます。

相手を特別に異性として意識せずに、まずは
“近所のオバチャンと和やかに世間話してる”
くらいの気持ちで話せれば充分です。

あまり恋愛、女性に慣れていない方は
決してそれ以上考えてはいけません。

 

かくいう私も、以前は高額な恋愛商材を買い漁って、
必死に勉強していたことがあります。

相手をいじるテクとか、笑わせるテクとか
ギャップを生み出す会話術とか、、
でもそういったテクニックを意識すればするほど
素の自分から遠ざかって
ぎこちない、変な会話しかできなくなっていました。

 

そういった試行錯誤の果てに、
リラックスした素の自分で会話するのが
一番女性にモテると実感しました。
僕だけの話ではありません。

あなたも、相手を落とそうとギラギラしてカッコつけるより
自然体のあなたで女性に接した方がずっと魅力的です。
テクニックを学ぶのは、本当に上級者になってからです。

 

私は、恋愛初心者の方が
会話で心がけるべきポイントは、
たった2つだと考えています。

 

 

楽しませたいという気持ち

 

一つ目は、
相手を楽しませようとする気持ち。

 

笑わせたり、いじったり、ほめたり
いろんなテクがありますが
全てのテクはこの気持ちが根本にあるんだと思います。

結局、細かいテクニックをたくさん覚えるより
この「目の前の相手を楽しくさせたい」
という気持ち一つあれば、
自然と自分の中から正しい行動が現れます。

相手を楽しませようと思っていれば
ニコニコ笑顔で話をしたり、
相手の話したがってる話題を一生懸命聞いてあげたり、
しょうもない冗談を言ってみたり、、

自分がどう見られるか?よりも
相手が楽しむことに視点を置く

自慢話や愚痴で相手を不快にさせたり
無理にカッコつけることもなく自然体でいられます

 

さらに相手を楽しませる話題は?と考えて
相手の趣味、好き嫌い、価値観なんかも
よく知ろうと
熱心に会話すると思います。

こうなると、会話が苦手だなんて頭から消えてます。

 

 

気持ちを出していく

 

二つ目は、
相手と自分の気持ちを交換すること。

楽しい会話とは、
情報のやり取りではなく
自分と相手の感情をさらしあうことです。

特に女性と仲良くなるにはこれが重要です。

どんな話をするときも、
おいしい、楽しい、嬉しい、恥ずかしい、気まずい、、
うわびっくりした! あの時は悲しかった、、
などなど、自分の気持ちをどんどん表現する。

相手の話にも
それは辛かったね、、、 それはムカつくね!
楽しかったでしょうね、 ラッキーでしたね。
などと相手の感情をどんどん引き出して、
それに必ず共感してみせること。

「会話とは、言葉のキャッチボールではなく
気持ちのキャッチボール」

これは、私が会話を学んだ中でも、心に残った名言です。

※ちなみにこの名言は
著名なネットナンパ師Saiさんの会話教材
「ブーストコミュニケーション」に載っているものです。

 

 

練習してみよう

 

さいごに、
女性との会話を練習する方法ですが

これは母親でも姉や妹でも職場のおばちゃんでも
女性ならだれでも練習相手になります。

相手を楽しくさせる事気持ちの交換

この2つを心がけて
たくさん話しかけてみてください。

 

他にいい練習相手になるのは、
例えばお店の女性店員さんに一言二言でいいので話しかけるようにする。
アプリやネットの掲示板で話し相手を探す。
お金を出してもいいなら、近所の安いラウンジやピン○○なんかが練習場所としてコスパがいいですよ。

 

楽しく話して打ち解ければ、
自然とご飯とか遊びに誘ったりできますので
ぜひ実践してみてください!

 

関連記事
恋愛初心者が目指すべき、女性にモテるキャラについて
モテ会話マスタープログラムについて

 



 


サイトマップ(全記事一覧)

Sponsored Link



ページトップ