もてるためのファッションポイント


 

私がホスト時代に先輩達からおそわった、
女性にもてるファッションのポイントをまとめてみました。

イケメンでなくても、真面目な男性でも
必ず参考になるものばかりですので
ぜひ実践してください。

これらを意識すればどんどんカッコ良くなります!

 

・出かける前に全身鏡でチェック

全身が映せる鏡を買って、
毎朝出掛ける前にチェックしてみてください。
(スタンドミラー、キャスターミラー、ウォールミラーなど)

コーディネートの仕方や立ち振る舞いなど、
どんどん洗練されてきます。
必需品です!

鏡が斜めに倒れていると縦長でスリムに映ってしまうので、
できるだけ垂直に立てて使ってください。

全体のバランスをきちんと確認するために、
頭の20㎝上からつま先までの範囲が
すべて見えるように使ってください。

 

・姿勢

いくらファッションを改善しても、姿勢が悪いと台無しなので
背筋を伸ばして歩くよう、普段から気を付けてみてください。

内股にも注意してください

 

・脱ぐ順番

女の子がぶかぶかのYシャツと靴下だけ、
みたいな格好してたら萌えますが、
男性がそんな恰好だと気持ち悪いですよね。

でも逆にケンシロウ悟空みたいに
ズボンを履いていて上半身裸なら
格好悪くないと思います。

 

彼女や奥さんの前で情けない姿をさらさないように、
Hのときや服を着替えるとき、脱ぐ順番に気を付けてください。

 

上半身→靴下→ズボン→パンツ の順で脱げば、安全ですね。
服を着るときは逆の順番で着ていけばOKです。
これは普段から習慣にしていけばいいと思います。

 

 

柔らかさと男性らしさのバランス

 

女性受けを考えるとき、清潔感、オシャレさのほかに
もう一つ重要な要素があります。それは、
男性的であるかどうかです。

男性は男性らしさ、女性は女性らしさを
強調した格好をすることで
異性の性本能を刺激することができます。

 

男性的な要素とそうでない要素の例を挙げてみますと

男性的…黒い服、スーツ、レザージャケット、胸元を開く、
黒髪、硬い髪、おでこを出す、ごついアクセサリ、etc.

女性的…パステルカラー、パーカー、ニットの服、
タートルネック、茶髪、サラサラでやわらかい髪、etc.

 

ただし女性的な要素が決して悪いわけではなく、
爽やかさを出すには欠かせないものです。
あまりに男性的すぎると威圧感出しすぎになって
引かれてしまいます。
爽やかでありつつ、男らしさも出せるようなバランス
を考えてみてください。

 

・季節を先取りする

おしゃれな人は常に季節を先取りします。
例えば服屋さんでは2月には春物が入り始め、
3月には春物が主になり、
4月には夏物が入り始めます。

たとえば3月の終わり頃に、まだ寒いからと言って
真っ黒のダウンを着こんでいたら春らしさがありません。
代わりにベージュのコートを着たり、薄い色のズボンをはけば
春らしさが出てオシャレ感が増します。

8月の終わりごろには、靴やベルトを茶色にしてみたり、
すでに秋ものを少しずつ取り入れるなど考えていけば
季節に乗り遅れません。

 

・攻めすぎない

最初にも説明しましたが、
オシャレを張り切りすぎないことも大事です。

自己顕示欲や自己主張を出しすぎるとダサくなってしまいます。

例:個性を出すための奇抜なファッション、
高級ブランドで固める、日サロで真っ黒な肌、
夜でもサングラス、香水付けすぎ、
アクセサリーをジャラジャラつける、細すぎの眉、etc.

 

基本的には 攻めるより
「かっこ悪い所を無くしていく」ことを目指してください。

様々な部分のシルエットに気を配る、髪型、爪や肌の手入れ、
姿勢や表情、靴や財布、下着などにこだわる、etc

これらの細かな気遣いが積み重なっていくことで、
見違えるように格好よくなります。

 

次回は、女ウケのいい小物・下着類のポイントをお伝えします!
モテる部屋着 & 小物・下着類のポイント

 

 

関連記事⇒ 女性にモテる メンズファッション講座

 



 


サイトマップ(全記事一覧)

Sponsored Link



ページトップ