ADHDの人がドーパミンを増やすには?


ADHDに悩む人にとって

ドーパミンの不足は大きな問題です。

 

やる気が起きない、注意力が足りない

などの悩みを解消するには

脳内のドーパミンを増やす必要があります

 

基本的には、

ブプロピオンチロシンなどを服用するのが

主な対処法となりますが

参考リンクドーパミンを増やす薬

 

それだけでは足りないor不安だから

できることは全てやっておきたい、

と思うのは当然のことだと思います。

 

そこで、

脳のドーパミンを増やすいろいろな方法の中で

具体的で、すぐ実践できるものを紹介します。

 

 

瞑想

 

毎日瞑想を行うことで

ドーパミンの分泌が促進されると言われています。

 

また、瞑想によってワーキングメモリーが向上し

頭の回転が速くなる、というのも

ADHDの人にとってはうれしい効果です。

マインドフルネス瞑想入門 [ 吉田昌生 ]
価格:1728円(税込、送料無料)

↑管理人が使っているイチオシ入門書。
CD付きで簡単に始められます。

 

余談ですが管理人は、外出中

イライラして切れそうになった時や

恥ずかしさでいたたまれなくなったときなど

目をつぶって一分間だけ瞑想をすると

(立ったままでも座っても歩きながらでもOK)

心を落ち着かせることができて

とても役に立っています。

参考記事⇒ ADHDの私が瞑想を始めてみた結果

 

 

 

オメガ3脂肪酸を摂取する

 

DHA、EPAなどのオメガ3脂肪酸が不足すると

ドーパミンの分泌が鈍くなってしまいます。

普段の食生活では大抵不足してしまうので

ADHDの人にとってDHAは必須のサプリメントです。

 

 

 

テストステロンを増やす

 

男性ホルモンであるテストステロン値が高いと

それに伴ってドーパミンも増える、と言われています。

 

テストステロンを増やすには

トリブラス、トンカットアリのサプリメントが有効です。


(食事の一時間前や食間など、空腹時に飲んでください)

また、筋トレやスポーツをしたり

ナイフを眺める、バイクをいじる、格闘技など

男らしい趣味でもテストステロンは増加します。

 

薄毛が心配な男性の方へ

テストステロンが増えてもハゲるわけではありません。

しかし、テストステロンが 頭皮の付近で

より強力な ジヒドロテストステロン に変わると

毛根にダメージを与え、薄毛が進行します。

フィンペシア ノコギリヤシ などを摂取することで

ジヒドロテストステロンの発生を防ぎ

薄毛の進行を食い止めることが可能です。

 

 

運動する

 

スポーツやジョギング・ランニング、エアロバイクなどの有酸素運動によってドーパミンが放出されます。

参考記事⇒ 運動でADHDの症状が改善される!

 

 

自分に報酬を与える

 

ドーパミンは報酬を与えられることによって分泌する

快感・やる気ホルモンです。

毎日小さな目標を立ててそれを達成してあげる。

さらに、ご褒美を与えてあげるとさらに効果的です。

 

 

関連記事:

ADHDでもやる気をだすには
ADHDによる不注意を改善する薬
ADD・ADHDの不注意を改善するには
[脳力アップ] ADHD悩み別スマドラ・サプリ

 



 


サイトマップ(全記事一覧)

Sponsored Link



ページトップ