動かず痩せる!王道ダイエット法


あなたが
なかなか痩せられずに困っているのは

決して
あなたの意志が弱いのではなく、

ダイエットの知識が足りていないだけです。

 

今回お話しするのは
ダイエットの王道ともいえる炭水化物ダイエットの一種ですが

様々な業界のプロ
スーパーモデルや、ボクサーたちが今も実践しているダイエット方法です。

ここでのお話を参考にして、あなたも引き締まった体を取り戻しましょう!

 

【運動について】

 

ダイエットといえば
毎日辛い運動を続けるイメージがありますが、

実際は
痩せるのに運動する必要は一切ないんです。
むしろ運動なんてしないでください。
なぜなら、運動は続けるのが辛いくせに、痩せる効率が悪すぎるからです。

 

例えば、1時間休まずジョギングしたとしても
消費カロリーはせいぜい500kcal = ご飯がお茶碗2杯分です。

筋トレで少し筋肉がついたり、
有酸素運動で基礎代謝が上がったとしても、効果はほんのちょっぴりだけ。

ジョギングが何ヶ月も続けられるなら痩せるかもしれませんが、
毎日1時間は辛いですし、膝を壊すかもしれません。

 

ダイエットは
一時期だけ頑張って、痩せたらハイおしまい。ではなく
生活習慣としてずっと続けていくものです。

 

ここで挫折してダイエットを諦めてしまうくらいなら、
最初から動かないで、食生活だけ気を付けるほうがお得です。

それでは、痩せるのに一番重要な「食事」について考えてみましょう。

 

【食事について】

 

朝食を抜いたり、厳しい食事制限をする必要はありません。

たった1つだけ気を付けてほしいのが血糖値です。

 

脂肪がつくかどうかは、摂取カロリーよりも

血糖値に大きく左右されます。

血糖値が高くなると その分だけ体は脂肪を貯め込もうとしますし、
血糖値を低くキープしていれば 体は脂肪を燃焼させます。

そこで、

血糖値の上がりやすい糖分炭水化物を少し減らして
他の物をたくさん食べれば、
ストレスが少なく安全に脂肪を落とせます。

 


やせるにはどんな食事をすればいいの?

 

どんどん痩せるために あなたにやってほしいのは
今から話す、たったの5つです

 

①食事を抜かない

一日1~2回の食事で たくさんの量をドカ食いすると
血糖値が急激に上がって身体が脂肪を貯めこみ始めます。

ドカ食いを避けるために、3食きちんと摂ってください。

(参考:お腹が空かない方法。つらいダイエットとはもうお別れ!

 

②一日三食

ドカ食いも良くないですが、逆にいつも物を食べていると血糖値が下がるヒマがありません。

kettouti

ためしに2週間だけ おやつを食べる習慣をやめてみてください。
痩せてきているようなら、少しづつおやつを食べても大丈夫です。

お菓子を持ち歩いたり、自分の周りに食べ物を置くのをやめて
どうしてもお腹がすいたらカロリーの低いおやつ(飴玉、酢コンブ、裂きイカなど)でしのいでください。

 

③夜の主食は少なめに

夜や寝る前の食事は脂肪に変わりやすいので、
夕食の炭水化物(パン、ご飯、麺類)をいつもの半分にしてください。

おかずの量は減らさなくて大丈夫です。
朝と昼はいつもどおり食べて大丈夫です。

 

④お茶を飲む

甘いジュースは血糖値を上げ続けます。

もし、急いで体重を落としていきたい場合は
水分補給はお茶や水、砂糖を入れない紅茶やコーヒーに徐々に切り替えていってください。

 

⑤タンパク質をたくさん摂る

リバウンドの大きな原因は、

タンパク質不足によって筋肉がごっそり落ちて、
以前より太りやすい体になることです。

 

またタンパク質が不足すると、
脂肪を燃焼させる成長ホルモンが分泌されにくくなります。

 

タンパク質はたくさん食べるよう気を付けてください

野菜と豆腐をがんがん食べて、
その分ご飯を減らしてください

安くてタンパク質がたくさんとれるのは、鶏肉、卵、納豆、お豆腐などです

 

・・・

以上5つの項目を守るだけで、あなたはみるみる痩せていきます。

 

参考までに。なるべく食べ過ぎないよう気を付けるものと、
たくさん食べていいものを挙げていきます。

【摂りすぎないもの】

炭水化物(ご飯、パン、麺類、ジャガイモ、粉もの等)

砂糖(甘いものが欲しいときは果物を食べてください。)

(揚げ物、マヨネーズ等)

 

【積極的に摂りたいもの】

野菜
体調を崩さないため、また食物繊維で血糖値の上昇を防ぐため。

タンパク質(肉、魚、卵、乳製品、大豆製品)
体重50kgなら1日50g以上、

100kgなら100g以上のタンパク質が必要です。

 

足りなければプロテインを飲んでください。

プロテインは超まずい物がおおいですが
ザバスのココア味はおいしくて飲みやすいのでお薦めです(*^_^*)

 

 

最後に、ダイエットを実践するときのポイントを挙げます

 

・食べる順番は、野菜→肉→炭水化物

消化しにくい野菜や肉を先に食べ、ご飯をなるべく後にまわすと
血糖値の上昇がゆるやかになり、脂肪を貯め込みにくくなります。

 

食物繊維はとくに、糖の吸収を遅らせるので
たくさん摂ることをおすすめします。

野菜が不足しがちなら難消化性デキストリン(食物繊維)の粉末を買っておいて
毎食、スプーン一杯を食事にまぜると
脂肪が付きにくくなるし、お通じもよくなりますよ。


 

・趣味を作る

もしもあなたが
食べることがストレス解消の手段になっているのであれば、
夜のドカ食いをなかなかやめられないかもしれません。

そういった場合は
他にストレス解消の手段や楽しみを見つけることが一番のダイエットになります。

このさいギャンブルでもオタク趣味でもなんでも
食事を後回しにしてハマれるようなことを
お金をかけてでも いろいろ試して探してみてください。

 

 まとめ

 

痩せるために運動は必要ない。

5つのポイント

食事を抜かない
一日三食
夜の主食(ご飯、パン、麺類)は少なめに
甘い物よりお茶を飲む
タンパク質をたくさん摂る

これを守るだけで、確実に適正体重に近づいていきます。

 

私も最初は、甘いものに慣れていたり
胃袋が大きくなっていたりで
食事が物足りないと感じていましたが
慣れてくると全然平気になって、
今ではむしろ少し食べ過ぎると苦しくなるくらいです。

ですので一緒に、少しだけがんばりましょう!

 

【裏ワザ】

 

どうしてもドカ食いを我慢できない場合は
食欲が抑える薬に頼る手もあります。

私のオススメは、ブプロンSRという薬です。

ブプロンSR(ザイパン)は禁煙薬として開発された薬ですが
食欲を抑える効果もあるとして、
ダイエットに励む方たちに根強い人気があります。

ネットの個人輸入サイトから買えますが
ザイパンよりもジェネリックのブプロンSRを買う方がお得です。
(ひと箱2~3か月分で 7000円くらい)

ブプロピオン服用体験

海外のサプリや医薬品を安全に購入できるショップ

 

ブプロンを飲むと、交感神経が活発になるため
口の渇きや 寝つけなくなるなどの副作用が起きることがありますが、
危ない副作用はほぼおこることのない薬です。

 

それからアクセプタという薬もおすすめ。
適量(体重1キロあたり1mgが目安)飲めばほぼ食欲を感じずに過ごすことができます。

食べようと思えば普通に食べられるので、健康を損なわない程度には食べてくださいね。
※タンパク質も忘れずに!

参考 ⇒アクセプタの効果について [ADHD治療薬

 

ただし、ブプロンもアクセプタも
飲み続けると、数ヶ月~1年くらいで耐性がついて効かなくなってくるので
頼りすぎずに、どうしても我慢できなかった場合の補助として使ってください。

 

関連記事:お腹がすかない方法。つらいダイエットとはもうお別れ!





サイトマップ(全記事一覧)

Sponsored Link



ページトップ