メンズファッション 体型お悩み別コーディネート その1


ファッションの基本は
自分の体型をカッコよく演出することですが

人それぞれ体型はちがうので、それぞれのコンプレックスもあると思います。

 

今回は、

・足が短い

・背が低い

・体が大きい

の3つの悩みをカバーする着こなしをご紹介します。

 

足が短い人のコーデ

 

・ズボンの太さと裾の長さに注意

ズボンが太いと、目の錯覚で足が短く見えます。
スキニーのように足元まで細めのズボンがおすすめです。

またズボンの裾が短すぎ、長すぎだと短足に見えます。
スキニーなら、立った時にたるみがほとんどない長さがベスト。

 

すこし太さに余裕のあるズボンの場合は
座った時のことも考えると、裾は少し長めで、靴にギリギリかぶさるぐらいの長さがベストです。

DSCN0063DSCN0065
これはちょっとだけ長過ぎですね。

 

・ズボンと靴の色を統一する

ズボンの色と靴の色を同系色にあわせると、
靴とズボンの境界が曖昧になり、足が長く見えます。

例: 黒+黒、水色+グレーなど
sms10290DSCN0077

 

・ロングノーズ

最近お洒落ビジネスマンがよく履いている、
つま先が長めの靴にも足を長く見せる効果があります。
11251306_4cede0de25021

ただし、背の低い人が履くと
ただのデカ靴に見えてスタイルが悪くみえる可能性があるので注意が必要です。

 

 

背が低い人のコーデ

 

・全体的にスタイルを良く見せること

着丈が長いと胴長短足で小さく見えます。

また小ささをカバーするために あえて大きい服をきる方もいますが、これもスタイルが悪く見える原因です。

細身の服で全体的に見てバランスがよく(=スタイルがよく)見せれば小さい印象を和らげてくれます。

 

・体の上の方にアクセントをもってくる

頭や首元など上の方に視線を集めると、背の低さが目立ちません。

トップス(上半身に着る服)に目立つ柄や色使いをして、
ズボンや靴は目立たない配色にするなどの工夫ができます。

具体的には
Tシャツよりも襟付きの物を着る
首元を開けすぎない
靴もマウンテンブーツなどボリュームのある靴は避けたいです。

 

・足を長く見せる

先述した足を長く見せる方法も参考にしてください。
また靴は ソールが厚いもの、ヒールが高めのものがいいです。

 

・小柄な人用のブランド

身長164cm以下 かつ、だいぶ細身の方には、
レトロピクスhttp://retropics.jp/)というXSサイズ専門ブランドがおすすめです。

 

その他、気を付ける点など詳しくはこちらの記事を参照してください。
小柄な男性に似合うファッション 4つのポイント

 

 

大柄な人のコーデ

 

・膨張色は着ない

大柄で相手に圧迫感を与えてしまう方は、
トップスには暖色系やパステルカラー(明るく淡い色)などの膨張色を避けて
黒や暗めの色、寒色系などの収縮色を選んでください。

 

・下半身にアクセントを置く

「背が低い」の項で話したことと逆で、
靴やズボンは明るい色や目立つ色の物を選んだり、
ボリュームのある靴や少し太めのラインのズボンにすると
下の方に視点が行きます。

 

次回
メンズファッション 体型お悩み別コーディネート その2

 

【初心者のためのメンズファッション講座】
モテるファッションとは?

【可愛い彼女をつくる方法】
彼女いない歴=年齢の男性が、モテるには?





サイトマップ(全記事一覧)

Sponsored Link



ページトップ