脳の老化防止に効く食べ物


脳の老化防止に効く食べ物とは?

 

iPS細胞の発見など科学の発達は目覚ましく、
あと20年先には体の全てのパーツが交換可能になると言われています。

ですがただ一つ
私たちにとってどうしても交換するわけにはいかない場所があります

そう、脳みそです。

脳こそ、自分が宿る部分であり
これからの時代において
一番大事にしていかなければいけないものです

脳の劣化を防ぎ、いつまでも元気に生きるために
食事から脳の健康を考えてみましょう。

 

脳の酸化を防ぐには?

 

脳を含め、人体が老化する最も大きな原因は酸化です。
体にとりこんだ酸素が活性酸素になり、徐々に細胞内を傷つけていくのです。

脳は酸素を大量消費する以上、酸化を完全に無くすことはできませんが
体の抗酸化力を高めることで 酸化量を大幅に減らすことができます

抗酸化力を高める、抗酸化物質を含んだ食べ物は
以下のようなものが代表的です

 

トマト

Tomato

トマトの赤い色のもとであるリコピンは高い抗酸化力を持つ物質として知られています。
またトマトにはビタミンC、ビタミンEなど数多くの抗酸化物質が含まれています。

毎日トマトのメニューを考えるのは大変なのでトマトジュースを常備しておくと楽ですね。

 

 

オリーブオイル

OliveOil

天然の抗酸化物質が多く含まれており、
特に、エキストラバージン・オリーブオイルは
段違いの抗酸化力と
アルツハイマー病の予防などの効果が期待できます。

パスタやサラダにかけて食べるほか、揚げ物を揚げたり、パンにつけたり
意外と使える範囲が広いのが嬉しいところです

 

赤ワイン

RedWine

赤ワインには、アントシアニン、カテキン、クルクミン、
長寿効果があるとして話題になったレスベラトロールなど
多種類のポリフェノールが含まれており
抗酸化物質の宝庫と言えます。

高タンパク食品であるチーズと一緒に食べると脳には最高の滋養になりますね。

 

以上が代表的な食材ですが、
他にもバナナ、キャベツ、かぼちゃ、にんじんなど
抗酸化力をもった食材はいろいろあります。
普段から意識して、いろいろな種類の野菜や果物を摂るようにしたいですね

 

トマトのオリーブオイル和えサラダなどは
簡単に作れて効果の高いメニューです
セブンのサラダ

 

 

また、食事でとるのが面倒という方には
サプリメントで抗酸化物質をとることもできます。

とくにオススメの抗酸化物質は アルファリポ酸です

実はほとんどの抗酸化物質は、
脳の関門に弾かれて脳内に入ることができず
血液の抗酸化などを通して間接的に働きかけているのですが
アルファリポ酸は脳内に侵入できる数少ない抗酸化物質で
脳をキレイにサビ取りしてくれます。

また基礎となる抗酸化力も、ビタミンCの約6000倍と非常に高くなっています。

抗酸化サプリについて
詳しくは こちら の記事を参照してください。

 


 

脳の酸化を防ぐだけでは完全とは言えません。
その他の栄養素も不足せずしっかり取ることが
脳の老化予防につながります。

脳の老化防止に効く食べ物とは?その② に続く





サイトマップ(全記事一覧)

Sponsored Link



ページトップ