ADHDの人は、若くてキレにくい!? ―ADHDの魅力


私は昔からいつもADHDに悩まされてきましたが
短所は長所に変えられる!ということで
今回はADHDの良いところにも注目してみました。

 

①キレにくい

 

ボーッとしていることが多い不注意優勢型ADHDは、脳内のドーパミンの量が普通の人より少ないか、ドーパミンの感度が低いためにおこります。

ドーパミンは「怒りのホルモン」と呼ばれるノルアドレナリンに変化しますが、これは怒りやイライラの素となるのです
つまり、脳内のドーパミンが少ないADHD患者は普通の人と比べてキレにくいことになります。
実際に、私を含め知り合いのADHDさん達は人に対して怒ることが少なく、穏やかな人が多い印象です。

 

一方で、いつもソワソワして落ち着かない多動性優位型ADHDの場合はイライラしたり、すぐカッとなる方もいらっしゃいますが、
その代り発想力とそれをすぐに実行する行動力に優れています。

 

 

②老けにくい

 

ノルアドレナリンが体内に分泌されると
血管が収縮し血圧が上がり、大量の活性酸素が発生します。
これはタバコを吸っている人と同じ現象ですが
つまり、いつも怒っている人は体が老化しやすいのです。

それに対してノルアドレナリンの分泌されにくいADHDでは
老化の最大の原因である活性酸素の発生量が少ないため
老けにくいということになります。

これも周りのADHDさん達に若々しい人が多いのを見れば納得してしまいます。
知り合いの三十過ぎの方などは、大学生や場合によっては高校生に間違われることもあります。

こちらのブログでは、ADHD特有の顔つきについて言及されていますね

”ADHD友の会でたくさんのADHDの仲間と触れ合ってきましたが、ほとんどの人が年齢の割に幼い印象を受けます。
若いころはそれなりなんですが、30歳も過ぎたころから、同世代と明らかな差が出てきます。”

出典:童顔色白です!ADHDに見られる5つの顔つきの特徴

 

 

③想像力が豊か

 

ADHDの人は、目の前の事に意識を集中するのが苦手ですが
逆に考えると
他の人より妄想や空想に浸ることが多い(=得意)と言えます。

全てのADHDに当てはまるわけではありませんが、
想像力が豊かで、絵本作家や芸術家の才能があると言われています。

 

 

④おまけ:喉が渇きにくい?

 

ドーパミンやノルアドレナリンは交感神経を活性化させ
それにより唾液の分泌が減り、喉の渇きを招きます。

私は子供のころから
三度の食事の時にしか水を飲みませんでした。

他の皆がいつもペットボトルを持ってたり
暇さえあればお茶やコーヒーを飲んでるのを見て
不思議に思っていましたが、
アクセプタやザイパンなどの治療薬を飲み始めてから
副作用ですぐに喉が渇くようになりました。

やはり今までドーパミンの不足のおかげで喉が渇かなかったのだと思われます。

 


 

いかがでしたでしょうか。
同じADHDの方でも、全く当てはまらないものもあったかもしれませんが。。

こうやって皆自分のいいところを見つけて
前向きに生きていけたらいいなと思います。





サイトマップ(全記事一覧)

Sponsored Link



ページトップ